母乳育児をするための食事のレシピ

子供を出産し、母乳育児で頑張っていました。妊娠する前は本当に貧相なバストでしたが、妊娠後期になったら爆発するようにどんどん大きくなり、出産後まもなく噴水のように母乳が出てきたのです。本当に恵まれていることだから、感謝しないといけないよと母に言われ自分でも神様に感謝したくらいです。
ところが、ほどなく私の母乳育児に危機が訪れました。順調に出ていた母乳の出が悪くなってきたのです。それに出ても何となく赤ちゃんの吸い付きが悪いというか、ちょっと飲んではイヤイヤをするといった感じでぐずることも多くなりました。ただでさえ産後で気分が落ち込みがちなのに、これはショックでした。一旦は勢いよく出ていたので、余計にショックが大きかったです。
何が悪いのか、何が原因なのかを探るため一生懸命調べてみました。すると、どうも私の食生活の偏りが原因らしいと分かったのです。母乳を出すとものすごくお腹が空くので、私はとにかく食べまくっていました。周囲もどんどん食べろといろいろ買って来てくれるし、食べても母乳になってしまうからなのか太らなくて、私はどんどん好きな物ばかり食べていたのです。
特に食べていたのはケーキや菓子パンでした。これが悪かったらしいのです。バターや生クリーム、精製糖などは母乳育児中の食事ではダメなものだったようです。他にもダメなものがあり、それは大好きなコーラやコーヒー、お餅やおこわなどのもち米、お肉類も牛や豚はダメなものでした。
これらを反省し、アッサリした和食に食事を切り替え、飲み物もハーブティーを飲むようにしました。すると母乳は復活し、赤ちゃんもゴクゴクと飲んでくれるようになったのです。母乳はお母さんの食事によって出なくなったり質が悪くなったりするということがあるんだと、勉強になりました。